ジャンクで買ったPanasonic Let’s Note CF-RZ4のWindowsのリカバリーをする

アキバの中古パソコンショップでPanasonicのCF-RZ4を買いました。

この機種はSSD無しだったので、うちに余っていたSSDを装着してパソコンとして使えるようにしてみましたのでそのレポートです

裏蓋を開ける

この機種は今時のモバイルノートにしては珍しく取り外しできるバッテリーなので、まずバッテリーを外します。

次に裏側にあるネジを全部外します。ネジによってロック剤が塗布されているようなのでどのネジがわかるようにしておきます。

ネジを抜いたら、裏蓋はすんなり外れます。

SSDの装着

裏蓋を外すと、バッテリー側を手前にすると左手前に黒いフィルムがある箇所がSSDです。

交換の場合は元あったSSDを取り外しますが、この個体は元々のSSDが入っていないので、フィルムを外すとソケットが見えますので、そこにSSDを装着します。

SSDを取り付けたらフィルムを元どおり貼り付け、裏蓋をはめてネジをもとの場所に締めたら完了です。

Windowsをインストール

この機種は元々のSSDがなかったので、何がインストールされていたのかわかりませんでした。裏面にWindowsラベルがあったので、デジタル認証済みのはずなのでWindows10をインストールします。

以下のページでWindowsのインストールUSBを作成します。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10ISO

RZ4用のドライバやアプリのインストール

パナソニックパソコンサポートのページからドライバやファームウェアをダウンロードします。

https://faq.askpc.panasonic.co.jp/faq/dl

このページが開いたらCF-RZ4を検索して、以下のドライバーのインストーラーをダウンロードして実行します。
念のため以下の順番で実行してください。

CF-RZ4、MX4、SX4、NX4、LX4シリーズ、CF-314シリーズ Windows 10(64bit)クリーンインストール対応モジュール

CF-RZ4シリーズ BIOS アップデートプログラム

BIOSアップデートプログラムをダウンロードしたら、ダウンロードフォルダにある「BIOS_RZ4_V211L16.exe 」を実行

CF-RZ4シリーズ 電源コントローラーアップデートプログラム(V1.00L14)

CF-RZ5、RZ4シリーズタッチパッドドライバー、タッチパッドファームウェア アップデートプログラム

CF-RZ4、MX4、SX4、NX4、LX4、MX3、AX3、SX3、NX3、LX3シリーズ CF-314シリーズ、CF-C2Cシリーズ、FZ-G1Lシリーズ Windows 10 Anniversary Update用 OS更新サポートユーティリティ

ここで、もしデバイスマネージャで不明なデバイスがあったら、ダウンロード済みのドライバのフォルダを指定して更新をかけます。

ここまでやったら、Windows Updateを実行します。

最後に

他のLet’s Noteは分解したことがないのですが、RZ4のSSD交換は他のノートパソコンと比べても裏蓋の取り外しはとても簡単にできる機種でした。もし同じようにジャンクを買われた方や、RZ4を使っていてストレージの容量が足りないなと思われる方はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

※このページの内容を試されてRZ4が壊れてしまっても責任は取れませんので、あくまでも自己責任で行ってください。また、まれにM2 SSDの相性問題で認識しないということもあるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください